Loading...

経営とは?

当社が、経営をする上で大切にしていること

経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、
全世界・全生命の進歩発展に貢献し続ける。

もっとも大切なのは全従業員
いちばん大切にすべきなのはお客様でも
株主でもなく、まずは「全従業員」という考えを大切にしています。全従業員とは、当社の仕事に携わっている社員・スタッフ・パートナー様の全てを示します。
経営者はお客様や取引先や株主のことを考える前に、自分の会社の全従業員を幸せにすること、
全従業員に喜んでもらうこと、全従業員を危険から守っていくことに第一にすべきだと思っています。
従業員が幸せにならなくて、従業員が楽しくなくて、より良いマーケティングができるでしょうか?
より良いイノベーションができましょうか?全従業員の不幸せ、全従業員の苦痛と忍耐、全従業員の不安の上に
かろうじて成り立っているような会社が「いい会社」であるわけありません。「いい会社」だけが、
お客様も取引先も株主も喜ばせるのだとしたら、「いい会社」になるためにもっと大事にすべきは、
自分のところの全従業員だということになるではないでしょうか?こういう発想と実践のともなう経営が、
いまこそ求められているのではないかと私は思います。それと同時に、全世界・全生命の進歩発展を目指した結果 そのご褒美として、その幸福を継続するだけの資産を授かることができるのだと信じ、経営に取り組んでおります。

経営とは、世界中が “みんななかよく”なること。 (サンリオ創業者:辻信太郎)

愛+勇気+冒険=人生


行動指針

みんなと幸せをつなぐ

すべての人は、“幸せになること”を望み、生き甲斐。人は人を喜ばせることが1番うれしい。1人1人が身近な人の幸せを願い、行動する世界を取り戻す。PersonalMarketingでは、みんなが仲良く、そして面白く、楽しく暮らせる世界を取り戻すためのマーケティング・イノベーションを伝えています。私たちは、みんなと一緒に、みんながより良い生活ができるように「みんなと幸せをつなぐ」商品・サービスの創造を義務と責任と考えています。どこか遠いところで、誰かの悲しみが聞こえてくるのなら、その悲しみを消し続けることが、生きる喜びであると考えています。私たちは、人の欲求を価値に変えて、創造し続けることが1番うれしい。もしも人間だけ幸せな世界になったとしたら、本当に幸せなのか、幼い頃からずっと、ずっと考えていました。動物の幸せ、植物の幸せ、地球の幸せ…etc人間の幸せを創造し続けるたびに、逆に人間のせいで犠牲となり永遠に失われていくものがあるなら、それは、やはり間違いであると思います。「なんのために生まれ、なにをして生きるのか?」「なにがしあわせで、なにがよろこびなのか?」いつも、この質問を自問自答して生きてきました。現在も、この答えの真意を見つけながら生きていますが、生きる喜びとは、生きる悲しみを消すこと、1人1人が使命に生きること愛と勇気と冒険を大切にして、損得勘定をせずに、善悪勘定で生き続けることが、現時点の答えであり現在の経営心です。人生は、よろこばせごっこ。

ミッションとは、行動本位たるべきものである。さもなければ、単なる意図に終わる。 (P.F.ドラッカー)

思考>言葉>行動>習慣>性格>運命


経営哲学

理念を変え、信念を変え、行動を変える

ビジネスにもっとも重要な原動力は理念であり、理念を変え、信念を変え、 そこから来る行動を変えることで、結果が変化する。

あなたの心を磨き、心を高めるほど、ビジネス・商品・サービスの質は高まり、 お客様との関係が保持し、維持し、持続して、長続きします。

お金を得ることを目的にしたり、お客様を操ったり、煽動している限りはあなたは、 業界トップに登りつめることはないでしょう。
自分の人生のより高次元の目的は、マーケティング(Market+ing)とは何から成り立っているのかを心から理解する ことです。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 (マザーテレサ)


契約とは約束である

人生は、よろこばせごっこ

私たちは、お客様へお約束したサービスを提供することは、その周りの人の人生・仕事の結果まで変えてしまう責任の重さがあると心得ています。お客様を一生涯守り続けるために、私たちは経営指針・行動指針と原理原則に従い、損得思考でなく善悪思考で行動することをお約束します。約束を守り続けるために、謙虚に、感謝し、貢献し、成長し続けます。

人生は、よろこばせごっこ (やなせたかし)